リサイクルトナーとは、回収された使用済みのトナーを洗浄、修理や部分交換をし、純正品と同量のトナーを充填して再利用されるトナーです。プリンターをよく使う方にとって、インクやトナー代金は高額なためお悩みの方も多いと思います。リサイクルトナーは純正品と比べると、販売価格の圧倒的な安さに違いがみられます。純正品のトナーは、プリンター本体のメーカーで販売している新品で正規品のトナーのことで、メーカーがプリンター本体を低価格で販売することでトナーなどの消耗品から利益を得ようとするためにトナーの価格を高く販売しています。メーカーとしては不具合や故障の心配から純正品のトナーの使用を推奨しており、トラブルが起きてもメーカー保証があるなどのメリットはありますが、やはり値段が高いのでコストパフォーマンスが悪いといえます。

リサイクルトナーを使うメリットとデメリットは

純正品のトナーではなく、リサイクルトナーを使用するメリットやデメリットを説明します。リサイクルトナーは純正品の3割から5割の値段で販売されているので、コストパフォーマンスが非常に良いところが一番のメリットです。純正品を再利用しインクを充填しているので、研究費や開発費があまりかからないことや、他社との価格競争などから安く購入することが可能になります。他にも、メーカーが生産を終了している型番を購入することができる事もあり、純正品トナーよりも大容量の商品もあり、業者によっては純正品にほぼ近い品質の物もあります。しかし、価格の安さを気にするあまり品質の悪い製造業者のリサイクルトナーを使用し続けると、プリンターに不具合が起こりやすく、メーカーの保証期間内であっても無償修理を受けられないことや、インクカラーの色合いが異なる場合があるという点がデメリットになります。

リサイクルトナーを選ぶ時に気を付けること

リサイクルトナーを選ぶ時に品質の悪い製造業者を選んでしまうと、プリンターのトラブルの素になってしまうので購入を検討する時は慎重に選ぶ必要がありますが、最近のリサイクルトナーは品質が向上していて不具合発生率もかなり改善されています。安い値段だけで選んでしまうよりも、生産地が日本国内産であることや、各種品質管理基準の認定製品であるかどうかを確認して選ぶことでトラブルを防ぐことができます。各種品質認定基準にはISO9001やE&Q、ISO14001などがあり、これらの認定がある物は品質管理がしっかりしているので良い製品だといえます。また、購入後の手厚い保証やサポートがついていると安心して使用することができるので、保証やサポートがしっかりとついている業者で購入することをおススメします。